妊婦

日本と世界の避妊に対する考え方

健康で愛し合っている男女の間には性交渉をした後に妊娠をしてしまうという可能性があります。
結婚をしていたり、将来について約束しているような二人であれば、全く問題はないのですが、そうでない場合には妊娠をしてしまうと困ってしまうでしょう。
そうならないようにするためにも避妊をする必要があります。
日本においては、今まで男性が主体という考え方がありましたので、男性主導で避妊ができるというコンドームが一般的でした。
これは世界的に見ても、珍しいものであり、性交渉の際にコンドームをするというのは多くはないものなのです。
欧米をはじめとした海外の国ではどのように避妊がなされているのでしょうか。
海外では女性が低用量ピルを服用するのが一般的です。
ですから、女性がピルケースにピルを入れて持ち歩くといった場面をよく見かけるものです。
日常生活の中で普通の事と捉えられていて、避妊は女性がして当たり前のことという認識があるのです。
ピルというのは正しい服用でほぼ100%に近い避妊の成功率を誇るので、わりと誰でも安心して性交渉をすることができるのです。
しかしながら、成功率の高いピルといえども性感染症の予防には効果がありません。
性感染症に効果のあるものは男性が装着するコンドームですし、相手に病気をうつしたりすることがないようにするためにもコンドームというのは効果的な方法といえましょう。
世界的に考えて見ても、避妊ということに対しての考え方が異なるので、国を超えた付き合いをしているカップルなどではそういったことをよく話し合いをしていくことが大切でしょう。
最近は日本でもかなりピルの服用ということが浸透してきましたので、理解を深めるようにするといいでしょう。

Archives
人気ランキング